中間建築設計工房ブログ/建築家 大阪

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ  大阪で住宅を中心に活動している建築家・設計事務所です。 日々の生活や仕事の事柄を書いています。

六甲の家、着工しました。

六甲の家」着工しました。

縄張り







縄張りの風景です。
着工に当たり、建物の建つ位置に
縄を張り確認します。

掘削












その後掘削。
とても地盤の良い場所で
礫まじりの砂質土です。

大雨のすぐ後でしたが
水はけも良かったですね。

来年春完成予定です。

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

今年もあと僅かになりました

岡山城












早いもので今年もあと
50日ほどとなりました。

上の写真は岡山城です。

建築士として建物の鑑定の業務を行う為
岡山に行ったのですが
何と帰りの新幹線の指定席がいっぱいで・・

少し時間が空いたので行ってきました。

大阪城と同じく昭和時代の再建ですが
立派なお城ですね。

隣の後楽園が有名ですが
こちらもお勧めです。

六甲の家」は木造二階建てから
地下のある混構造に変更。
もうすぐ着工となります。

帝塚山の家」改修工事も
設計が進んでいます。

大阪府建築士会の会報誌「建築人」の
今月号に淡路瓦の取材記事が載っています。
こちらから期間限定でダウンロードできます。

夏の間講師をしていました二級建築士の試験
もうすぐ(12月初)合格発表です。
一人でも多く合格していて欲しいですね。

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

とっておきの家具

鶴見の家柿渋












この写真は「鶴見の家」のリビングです。
手前に写っているチェストなのですが

住まれてからしばらくして
この建物に合う家具を造りたい
と相談があり造ることになりました。

材料は吉野の桧無垢材で
柿渋を塗ってあります。

また、「生駒の家」では
竣工時テレビを置かなかったのですが

エアコン5













しばらくしてTVを置きたいとの相談があり

ホームシアター







建物のイメージに沿った
TV用のラックを製作されました。

材料やデザインモチーフ等は
全て、新築時に製作した
家具等と合わせています。

城東の家」にはプレイルームがあり
新築時に、打放しコンクリートに合う
白の家具を製作したのですが

城東の家写真プレイ







そこに10年後
小さなチェストを置かれました。

ここでは、新たに
打放しコンクリートに合う
「鉄」も有効に使っています。

城東家具1












これらの家具は、全て新築時に
オーダー家具を造った方に
住み続けて時間が経ってから
また造ってもらったものです。

新築時に色々打合せをして
建物や施主さんの事を
よく解っている家具屋さんに
また造ってもらうことで

空間にぴったり合う、いわゆる
「とっておきの家具」
が出来上がります。

これは、「建築家と建てる家」でのみ
味わえることかもしれませんね。

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

帝塚山の家メンテナンス

吹抜3







帝塚山の家」が竣工から10年経ちまして
来年、メンテナンス工事と合わせて
改善工事を行う予定です。

ということで、先日、クライアントご夫婦と
打合せを行いました。

10年前と今、そして10年後と
家族の生活スタイルは少しずつ
変化していきます。

それに合わせて、住宅に手を入れる事は
とても重要な事だと思いますし

その作業に私も加わらせて頂ける事は
とても設計者冥利に尽きますね。

いつも思うことですが
10年前と今では、使える材料の性能が
随分違います。

新築時は高くて導入できなかったものが
今では安くできることもたくさんあります。

ということは、10年後はまったく違う性能の
住宅になっているかもしれませんが
その時も、また、関われたら嬉しいですね。


お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

敷地選び

大東の家1













住宅を建てる敷地。

もし、土地を新たに買われて
そこに建てられる場合は
ぜひ、土地選びから相談して
もらいたいと考えています。

建築家の仕事は、与えられた土地に
そこに住むご家族が望まれる住宅を
建てるのが仕事です。

ですので、どのような土地でも
最大限うまく利用して建てようと考えますが
もし土地選びから加われたら
より良い住宅が建てられると思います。

土地を買われて、そこに建てるのですから
土地の価格が安くできれば
建物にかけられるお金が増え
色々建物の選択肢が増えますよね。

そして、土地の値段はいろんな要素で
決まるのですが、主に、利便性が良い
前面道路が広い、建物が建てやすい
等の土地は高くなる傾向があります。

そこで、住まい手がそれらにこだわらなければ
そうでない土地を比較的安く購入することも
可能になってきます。

大東の家」は土地購入前から
相談させて頂いたのですが

候補の敷地は、駅から少し離れていて
前面道路も狭く、さらに旗竿敷地という
条件でしたが

ご家族は逆に落ち着いて住めそうだと
考えられ、私としても、住みやすい家が
建てられそうだと判断し
土地購入から設計、施工へと進んでいきました。

完成後には住宅雑誌から取材されたりもして
私としても、とても思い出に残る家となりましたね。

大東の家9







現在、土地購入を考えられていて
うまく建てられるのか悩んでられる方がいましたら
ぜひ相談してください。

建てるのに難しそうな土地でも
うまく建てれば、住み良い住宅になると思います。

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

六甲の家と大淀の家

神主さん












六甲の家」の地鎮祭が
無事終了しました。

今回は神社で行い
その後、そこで頂いたものを
現地に行って、撒いて終了。

現地で全てを行う場合
天気を気にしたり
色々準備も必要になりますが

この方式ですと、
工務店の準備も必要なく
とても良いと思いましたね。

大淀の家」の大規模改修工事
これも無事終了しました。

今回は、外壁等のリフレッシュ
だけでなく、内部の改造も
色々行いました。

その中の一つで、スケルトンの鉄骨階段
を閉じる工事の写真です。

階段裏












行った理由は、下階から冷気が
上がってくるのを止める為ですが

半透明のアクリル板を
貼ることによって
間接照明のような効果を
出すことも出来ました。

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


■hibimemo■
日々のメモ
■sumamemo■
家を建てる前に、今建てている方にも…
住宅設計を通じて得た住まいづくりのアレコレ