中間建築設計工房ブログ/建築家 大阪

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ  大阪で住宅を中心に活動している建築家・設計事務所です。 日々の生活や仕事の事柄を書いています。

住宅のトイレの一工夫

トイレ1







住宅の設計をする時
絶対に必要な設備の一つがトイレです。

その重要なトイレですが、あまり設計段階では
話題にあがらないことが多いですね。

何ヵ所設置するか、洗面と同じ場所でも良いか
くらいでしょうか。

しかし、トイレの設計は非常に重要です。

実際、居心地の良いトイレでは
何か良いアイデアをひらめく事も多いです。

私も設計に行き詰った時
事務所内をぶらぶらと歩き
何故かトイレに入り結構出てこなかったりします。

それでもだめなら近所の大阪城公園に
散歩に出かけることになります。

トイレを最低限の用を足すスペースだと考えれば
巾75cm、奥行き1.2m程度あれば十分です。

手洗いは便器のタンク上に
ついているもので済まして
あとはペーパーホルダーとタオル掛け
窓も小窓があれば十分ですね。

しかし、せっかく手に入れた住宅のトイレが
最小限のスペースでは少しさびしいです。

トイレにプラスアルファーを求め
ゆったりとした手洗いスペースを取り
大き目の鏡、大きな窓に
飾り棚程度は欲しいものです。
壁の仕上げはにおい消しの為に
珪藻土が良いですね。

このように書くと
大きなスペースが必要のように感じますが
通常より、巾を30〜45cm
広げるだけでも十分です。

そういうトイレスペースになれば
絵を飾ったり、植栽を置いたりして
飾るようにもなりますよね。
お掃除もマメにするでしょう。

そうなれば家庭の運気も上がってきます。
(と良く言われています)

住宅にはたいてい2ヶ所は
トイレを設置すると思いますので
その中の一つは少し大きめのトイレにする事を
お勧めします。

上部の写真は鶴見の家のトイレです。

壁は全て珪藻土を厚塗りしています。
床や黒御影石で、仕上げ方法の
磨きとジェットバーナーを
使い分けデザインしています。
洗面家具は吉野桧無垢材を使用し
オーダーで製作しています。

鶴見の家でも、一か所は、このように
「ハレのトイレ」とし
もう一か所は最小限のトイレとしました。

トイレ2













この写真は、随分前の
所員時代に設計させて頂いたトイレです。
施工は京都の安井杢工務店。

壁は本じゅらく塗、天井は枌板の網代
洗面台は花梨無垢、衝立の柱は栗六角の名栗
それらの塗装は全て拭き漆です。

この建物は住宅ではありませんので
そのまま参考にすることは出来ませんが
これらの要素を少し取り入れることで
住宅のトイレも随分変わってくると思います。

2008-9-4  初回
2015-7-25  更新

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


コメント一覧

    • 1. MBT Goti Women Black Shoes
    • 2014年08月17日 14:53
    • mbt lifestyle red shoes 中間建築設計工房ブログ : トイレの大きさ
    • 2. MBT Kaya Shoes
    • 2014年09月02日 02:24
    • mbt shoes kisumu 中間建築設計工房ブログ : トイレの大きさ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
■hibimemo■
日々のメモ
■sumamemo■
家を建てる前に、今建てている方にも…
住宅設計を通じて得た住まいづくりのアレコレ