中間建築設計工房ブログ/建築家 大阪

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ  大阪で住宅を中心に活動している建築家・設計事務所です。 日々の生活や仕事の事柄を書いています。

玄関の一工夫

玄関1












住宅を設計する時
玄関をどのように考えるかは非常に重要です。

以前ある建売住宅の営業さんから聞いたのですが
関西の分譲住宅地で
売れる住宅を作るために必要な要素は
広くて吹き抜けのある玄関を作ることだそうです。

住宅というのは、かなりプライベートな空間ですが
唯一見知らぬ人が入ってくるのは玄関ですよね。

ですので、予算の関係で
小さな住宅しか建てられない場合でも
せめて玄関だけは大きくしておきたい
という気持ちの表れでしょうか。

しかし普通に考えて
あまり滞在時間の長くない玄関を大きく取り
また吹き抜けまで作るというのは
よほど大きな住宅でない限り
もったいないですよね。

ですので、我が事務所では
よほどの要望が無い限り
玄関は普通の大きさとしています。

しかし、その普通の大きさであっても
広く見せることはできます。

例えば窓の取り方です。

玄関を入って正面に、リビングに面する庭などを
うまく見させる工夫をすることによって
先の空間の広がりを感じさせることができます。

また、下地窓にし
植栽を間に取り込んだ措置をすると
小さな窓でも、プライバシーを保ちながらも
明るさ、広がりを加える事が可能ですね。

ちょっとした事ですが
下足箱を宙に浮かし
そこに照明を入れることによって
より広く見せることもできます。

(例 上部の写真 大東の家

玄関2












逆に、大きな窓を取り
植栽などがある中庭と一体として玄関を造ると
気持ちの良い空間が出来上がります。

(写真 尼崎の家

玄関はちょっとした工夫をすることの効果が
よく現れる空間だと言えますね。

2008-9-30初回
2015-6-29更新

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
■hibimemo■
日々のメモ
■sumamemo■
家を建てる前に、今建てている方にも…
住宅設計を通じて得た住まいづくりのアレコレ