中間建築設計工房ブログ/建築家 大阪

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ  大阪で住宅を中心に活動している建築家・設計事務所です。 日々の生活や仕事の事柄を書いています。

住宅の天井高

天井高2






住宅の設計で重要な要素の一つに
天井高の設定があります。


普通は一般的な居室で2.4m、少し大きな部屋で2.5m
小さな部屋で2.3mとかが多いと思いますが

吹抜けなどで、高い天井高のリビングは
とても気持ちの良いものですね。

(上部写真 帝塚山の家)

この天井高を決定する方法は色々あります。

例えば、昔から和室の天井高の決定をする時に
使われていた公式があります。

これは大工さんが
内法高とその上の壁の大きさ等の
バランスで決めていたもので

天井高=内法高+小壁(畳数×0.3尺)

で計算されていました。

内法高は今では少し低いのですが
出入り口の高さ寸法でして
5尺7寸か8寸で1.73〜75mです。

この計算でいくと、6畳間では2.3m、
8畳間では2.5mが最大高さということになります。

和室1







(写真 鶴見の家 天井高2.5m)

また西洋の考え方では有名な黄金比率があり、
これは1:1.618で計算できますので、
例えば天井高2.4mであれば
幅を3.88mにするとバランスが良いと言えます。

ですので、住宅で一番広い空間となるLDKは
出来れば2.5m以上の天井高を取ることが望ましいですね。

天井高1







(写真 城東の家 天井高2.7m)

実際の作業では
これらの法則も頭に入れながら

クライアント家族の身長や
使用する部材の経済的寸法等
を組み合わせて決定します。

いくら良い間取りであっても
天井高設定が悪ければ
居心地の悪い空間となってしまいますので
天井高の設定は慎重に決定する必要がありますね。

2008-12-2 初回
2015-7-22  更新

お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
■hibimemo■
日々のメモ
■sumamemo■
家を建てる前に、今建てている方にも…
住宅設計を通じて得た住まいづくりのアレコレ