中間建築設計工房ブログ/建築家 大阪

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ  大阪で住宅を中心に活動している建築家・設計事務所です。 日々の生活や仕事の事柄を書いています。

最近の仕事

前回の更新から半年
ただ今緊急事態宣言の真っ最中です。

大阪は、常にコロナの患者数が多く
常にこのコロナに振り回されている感じですね。

私の仕事でも
新規、新築は、やはり様子見になっている
案件が多いですね。
しかし、これは、仕方がないと思います。
先が読めないと、住宅などは人生の中で一番の買い物
ですから、中々動き出せないですよね。

また、近畿外に中々出て行けないのも
厳しいです。

我々の仕事は、特に、調査などでは
現地に赴いて見て触ってがとても重要になってきます。
リモートで映像を見ながらとは中々いきませんね。

そんな中、この半年の間に
過去10年以上前に設計をさせて頂いた住宅の
改装、改修を2件行いました。

帝塚山の家改修1

















帝塚山の家では、主に外部周りを
今の暮らしに合わせて改造しました。

写真に写っているのはアルミシャッターで
木製の手動の引違い戸から変更しました。
これで、朝早く出かける時も気兼ねなく
車で行くことが出来るようになりました。

また、出入り口を増設したり
色々、住まい方をより良くする為に
マイナーチェンジを行っています。

生駒の家改修1





生駒の家は、外壁の塗替えをメインに
内部も色々改修、改造を行いました。

この住宅は、外壁にヒノキの無垢板を多用する等
自然素材を多く利用しています。
その為、こまめなメンテナンスを行う事が
長く綺麗に住まう為に重要になってきます。

今回は、新築時と同じ工務店、塗装屋さんで
工事を行えまして、当時を覚えてくれていたので
かなり忠実に新築時の状態に戻すことが出来ました。

内部も構造材を含め無垢の木材を多用しているのですが
こちらは、ほぼ手を付ける必要がありませんでしたね。

住宅は、建てる時も重要ですが
その後長く住み続けるための工夫、努力が必要です。

車はいくら愛着があっても、ある程度経てば次の車に
乗り換えることになりますが
住宅は、手を加え続ければ、ずっと快適に暮らす事ができます。
そのお手伝いをさせて頂けることは、設計者冥利につきますね。

コロナ禍と言われて、仕事、プライベートに我慢を強いられて
一年が経ちました。
早く以前のように普通に生活が出来る日々が来て欲しいですね。
お問合せフォーム

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■hibimemo■
日々のメモ
■sumamemo■
家を建てる前に、今建てている方にも…
住宅設計を通じて得た住まいづくりのアレコレ